小中学校教員の約6~7割

過労死ラインを超える時間外労働をする教員の数

小学校教員の33.5%、中学校教員の57.7%が週60時間以上勤務。
持ち帰り残業時間を含めると、月80時間以上の過労死ラインを超える時間外労働をしている教員は約6~7割となっています。
文部科学省「教員勤務実態調査」(平成28年度)

「教員の働き方改革」

とはいっても、改善されていない現状…。

なぜ、改善されないのか?

一見、とても熱心で " いい先生 "

  • 「忙しい」が口癖
  • テストは100問
  • プリントを毎日印刷する
  • 教材研究に時間をかける
  • 授業はうまいが説明好き
  • 分析、根拠があいまい
  • プライドが高い
  • 経験値で考える

" 現状維持 " では、 好転しない!!

重要なのは、教員の " 意識改革 "

  • 知識重視の穴埋めテストではなく、知識を応用するための問題作成!
  • 生徒同士の学びあい、協働学習
  • 採点・集計はデジタル化
  • 多彩な結果表示で分析

時代に柔軟に、ICT活用で効率化を目指す!

校務で負担が大きいと感じている、

採点・集計業務のデジタル化

負担軽減その1

教育委員会などの調査・統計等への回答。

負担軽減その2

テストなどの採点・集計。

負担軽減その3

学習評価や成績処理。

Answer Box Creatorは、3stepで簡単に導入できます!

Step1. Office Word で作成!

Wordで解答欄を追加するだけなので、今まで作ってきたWord文書をそのまま活用できます!

Step2. 従来通り紙でテスト実施! 

これまで通り、紙でのテストはもちろん、PCやタブレットPCでも解答可能です!!

Step3. 自動採点!

選択問題は自動採点、自由記述は画像を一覧表示して、串刺し採点できるなど効率化!

多彩な結果表示機能

  • 設問別正誤一覧
  • 得点分布率
  • 選択肢解答分布
  • 採点済み答案用紙
  • 成績表(生徒返却用)

「ABCで改革!実証校の例」

定期テストの採点にかかる、ABC導入前後での " 所要時間比較 "

数学

~math~

29分 の 短縮 ×4クラス

TOTAL.1時間56分短縮

理科

~science~

25分 の 短縮 ×4クラス

TOTAL.1時間40分短縮

英語

~english~

1時間45分 の 短縮 ×4クラス

TOTAL.7時間短縮

国語

~japanese~

2時間20分 の 短縮 ×4クラス

TOTAL.9時間20分短縮

平成29年 1学期期末テスト、2学期中間テスト、2学期期末テスト
3年生:数学4クラス、英語4クラス、理科6クラス | 1年生:国語3クラス
(生徒数 約540人にて実施)

時間短縮だけではない!

ABC導入の効果

比較しやすい!

一覧表示して、串刺し採点ができるので、比較しやすかったです。

解答用紙をパラパラめくる必要がなくなるのがありがたい!

正答・誤答が確認しやすい!

全解答を一度に並べて表示できるので、生徒のつまづきがよく分かりました。

校長先生からの評価

採点業務の効率化以外の効果としては、ABCを導入することで "先生方のテスト問題作成に対する意識が変化し始めている"ことです。 これまで中間期末考査では生徒の点数のバラツキを抑える為、とにかく問題数をこなすという暗記型のテストが多かったのが〇〇市の特徴でした。 ABC導入により記述式問題の採点が容易になったことで、これまでの問題数が50~60問からここ数カ月で教科によっては10問ほど減り、"知識暗記型から活用型の記述式問題に移行"してきております。 今後の入試改革などにあわせて、実はこのあたりのことを期待していたのですが、ABC導入によりテスト問題作成の意識に徐々に変化がでてきていると感じています。

★ 評価と指導のつながりができ、傾向と対策がたてやすくなる

★ 誤答の多い生徒の指導がいっそうしやすくなる

先生が変わる

学校が変わる

生徒の学びが変わる

働き方改革を起こすのは今!

でも、新しいことを始めるのは前例が無くて不安…。

■操作を覚える自信がない…。

■Word以外の文書で作成している。

■テストだけでなく、アンケートでも使ってみたい。

わたしたちが " 前例を作る" 手助けをします!

  • テスト解答用紙の作成支援サービス
  • 採点・集計業務支援サービス
  • オリジナルのテスト結果集計表、グラフ作成支援サービス
  • 学校アンケート用集計表作成支援サービス
※これらはオプションサービスとなります。

まずは、ご相談ください!

製品についてのお問い合わせ、カタログ・資料請求、導入事例のご紹介、研究授業での活用支援、デモ実施など、お気軽にご相談ください。